医療レーザー脱毛 肌トラブル

医療レーザー脱毛の肌トラブルについて

クリニックで行っている医療レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛よりも効果が高いので、医療レーザー脱毛を受ける方も多くなっています。

 

クリニックは医療機関なので施術の前には脱毛のリスクについても詳しく説明されます。医療レーザー脱毛のリスクとしてあげられるのは、毛嚢炎、ヤケド、増毛化、硬毛化などです。また、医療レーザー脱毛をした後は赤くはれる場合がありますが、脱毛の施術の後には、薬が処方されるので、塗ってください。何日か過ぎても腫れが引かない場合は病院に連絡して治療してもらってください。

 

脱毛

 

剛毛化や硬毛化は産毛を医療レーザー脱毛で処理した場合にまれに起こる症状で、産毛が硬くなったり毛が濃くなったりするというものです。続けて照射すれば改善されるという場合もあります。また、もし剛毛化や硬毛化が起きた場合は無料で治療するという保証をつけているクリニックもあるので、トラブルが起きた時にどのように対応してくれるのかあらかじめ確認しておくことが必要ですね。